ムダ毛の自己処理について

多くの脱毛サロンでは、施術を受ける前日までに、施術を受ける部位の自己処理が必要になるかと思います。自己処理とは、シェーバーや脱毛クリームなどで、ムダ毛を処理することをいいます。私の通っているエピレというサロンでは、実際に施術を受けるときに2?以上の長さのある毛は脱毛対象外となるそうで、対象外の毛には保護シールが貼られ、それ以外の部位の処理をしてもらうことになります。IラインやOラインなど自己処理の難易度が高い部位は当日にサロンの方に剃っていただくことが可能ですが、それ以外は剃り残しがあるとその毛は脱毛を受けられません。ワキなど目で確認しずらい部分はたまに剃り残しがあり、その部位に脱毛を受けられなくても、契約回数の1回は消費してしまうため、なんだかもったいない気持ちになります。しかし、うまく剃れなくて何度もシェーバーを当てる、ピンセットで無理やり抜くなどの肌を傷める行為は発赤や腫脹、炎症の原因となってしまうため、良くないそうです。更にそういった肌に脱毛のレーザーを当てることは禁忌となっているそうで、それこそ施術自体を受けられなくなってしまうこともあります。効率よくサロンでの脱毛を受けることももちろんですが、肌を傷めることは健康上避けたいことであり、エピレでは無理な自己処理で起こる危険性や、自己処理の正しいやり方などをレクチャーしてくれます。
これまでピンセットやドラッグストアで販売しているシェーバーを利用していましたが、肌を傷める怖さを知ってからは、脱毛クリームや小回りのきくシェーバーなどに切り替え、それからは肌を傷めることなく過ごせているように思います。脱毛の回数を重ねていき、ムダ毛が減ったおかげで、そもそもの自己処理が減ってきたというのも大きいかと思われます。そういった意味でも、脱毛を行い自己処理の必要性を減らすことが肌のためにもなっているのかもしれません。

コメントを残す